札幌市で安い引越し業者はここ

札幌市で安い引越し業者はここ!【おすすめ引越し術】

札幌市で安い引越し業者をお探しの方に知って欲しい事。それはあなたの引越しの条件により最適な業者が変わるということです。

 

例えば、

  • 現在のお住まいと新居が午前中の仕事の帰り道にあった
  • 引越し日が偶然、キャンセルの出た日だった
  • 営業所の成績が掛かっていた
  • 大手引越し業者が新規出店したエリアだった

 

といった事情でも、安くしてくれる引越し業者はあります。中には営業担当の成績により引越し料金が安くなる場合があります。

 

実際、私が勤めていた引越し業者の営業専任は、受注確率で歩合が変わるために、値段を下げてでも仕事を取りたい時があったようです。あまりに相場から安いので理由を聞いてみたら教えてくれました。

 

しかし、こういった事情を見積もり前にあなたが知るのは困難です。幸運な一社に巡り合うためにはできるだけ多くの札幌市内の引越し業者から相見積もりを取るしかありません。

 

そんな時に便利なのが一括見積もりサイトです。お住まいの札幌市の住所と引越しの条件を入力していけば、最大10社の引越し業者から見積もりをもらえ料金を簡単に比較することができます。

激安の見積もり狙いなら引越し業者が暇な日を狙おう

引越しの見積もりに最も影響力が高いのが日程と言っても過言ではありません。

 

忙しい日は断わらなければいけないほど電話が掛かる一方で、暇な日はどの引越し業者もトラックの予定を埋めるのに四苦八苦しています。

 

遊んでいても正社員には給料は支払わなければいけませんし、あまりに仕事が無いとアルバイトも辞めていきます。センターやトラックの維持のためにも費用は掛かるので、暇な日は多少安くても札幌市の引越し業者も仕事を無理に取りに行きます。

 

繁忙期の忙しい日と暇な日とでは、2倍、3倍といった料金差も珍しくありません。

 

暇な日は他社も同じ状況なので、相見積もりをした時の値引き競争も激化します。そのため札幌市内の引越し業者が採算度外視の激安の見積もりを出すのは暇な日の可能性が高いのです。

 

一括見積もりサイトをより効果的に使うには、暇な日を希望して引越し業者同士で競争させることです。

 

引越しが暇な日の条件とは

引越しが暇な日は忙しい日と裏返しです。まずは忙しい日の条件を知って、それらを一つずつ外していけば、自ずと暇な日になります。

 

最も忙しいのは3月4月の繁忙期です。中でも3月下旬から4月上旬は最も忙しくなり、見積もりもその分だけ飛躍的に高くなります。それ以外の月で忙しいのは月末です。月初から中旬を選ぶことでより安い費用で引っ越しできます。

 

休日も忙しい日の条件です。土曜日、日曜日、祝日が忙しいのはもちろん、平日でも休日前の金曜日は忙しくなる傾向が高いです。

 

大安、友引といった日柄も引越しの忙しさに左右するので、気にしないなら引越し日として選ばない方が無難です。

引越し料金の比較に一括見積もりがおすすめな訳

引越し料金を比較するだけなら一括見積もりを使わずに自分で連絡してもいいじゃないか、と思われる人もいるかもしれません。たしかに自分で一社ずつ連絡しても引越し料金の比較は可能です。

 

しかし、ここで知って欲しいのは必ずしも引越し業者にとって相見積もりは歓迎すべきことではないということです。

 

お客様が5社10社から見積もりを取れば、それだけ受注できる可能性は低くなります。一方、訪問見積もりには時間が掛かり、荷物が多い家庭なら1時間くらいは必要です。移動時間を含めるとそれ以上の時間が必要で、引越し業者としても大きな負担になります。

 

なかには相見積もりと分かったとたんに不機嫌になる引越し業者がいても不思議ではありません。

 

しかし、一括見積もりサイトに登録されている引越し業者ならライバルがいることは承知済みです。そのため、引越し業者によっては最初から限界ぎりぎりの格安の見積もりを出してくれ、よりスピーディーに契約まで至ることができます。

 

当サイトでは、以上の理由から札幌市での引越し料金を比較するのに一括見積もりをおすすめしています。

サカイやアートといった大手引越し業者も参加中です

一括見積もりを使って引越しの安い見積もりがもらえても、名前の知らないような札幌市の小さな引越し業者ばかりだったら不安という方もいるかもしれません。

 

しかし、安心してください。引越し侍には全国的に名前が通ったサカイ引越センターやアート引越センター、日通やアリさんマークの引越社など大手の引越し業者も多数参加しています。

 

これらに地域密着の札幌市内の小さな引越し業者が競合することで、大手で契約したい場合でも引越し料金をより安くできます。引越し料金の安さ重視で小さな引越し業者でも良いと人にとっても便利です。

安すぎて不安なら口コミを確かめよう

人はあまりに安すぎても不安になるようです。以前に引越しした時と料金があまりに違えば、なおさらそう感じるでしょう。

 

もちろん札幌市の一番安い引越し業者は避けて2番目を選んでも良いのですが、一括見積もりサイト上にある口コミを利用することで、その引越し業者のサービス内容を知ることもできます。

 

引越し侍では3万件以上の口コミ件数があり、自社サイトに口コミが無いような引越し業者の評判も確かめられます。

 

仮に自社サイトにあったとしても良い口コミだけを厳選している可能性もあり、鵜呑みにはできません。悪い口コミも掲載している引越し侍ならその業者の本当のサービスを知ることができるでしょう。

 

札幌市の引越し業者が良いサービスをしてくれるか知りたい時に口コミを活用してください。

引越し費用をもっと安くしたいなら

札幌市の引越し費用をもっと安くしたいなら以下の方法を試してください。もらった見積もりが予算以上に高かったとしても引越しにはまだまだ安くできる方法があります。

 

やれることを一つずつ潰していけば、きっと予算以下の格安の引越し費用で依頼できるはずです。

 

不用品を処分しよう

引越し業者に頼む荷物量が減れば費用は安くなります。荷物を減らすうえでも不用品を処分するのは大変有効です。しかし、不用品の処分を引越し業者や民間の不用品処理業者に頼むと費用も高く掛かる場合があります。

 

まずは、不用品を買取してもらえないか検討しましょう。リサイクルショップでは売れない古い物でもメルカリやヤフオクを使えば売れる場合があります。

 

それでも無理なら欲しい人に無料で譲るという方法もあります。引越し費用が安くなることを考えれば、無料でも十分です。

 

それも無理なら市区町村に回収を依頼しましょう。回収場所まで運び出すのが難しければ、引越し業者の見積もり時に運んでもらえるように交渉するのもおすすめです。

 

荷物が大量に減って小さなトラックになるなら札幌での引越し費用も安くなります。
参考:札幌で不用品回収買取、粗大ごみ分別のご相談は処分屋ネコの手へ

 

小さな荷物は自分で運ぼう

ダンボールや小物を自分で運び、引越し業者へ依頼する荷物量を減らせば費用は安くつきます。転居先が近距離だったり、荷物を運べる車が無いと使えない手ですが荷物量が減って契約するトラックが小さくなるなら引越し費用は安くなるでしょう。

 

しかし、ある程度新居が広くないと、運んだダンボールが邪魔で大型家具や家電を引越し屋が搬入できないなんてことにもなりかねません。

 

却って時間が掛かったら引越し業者としても安くした意味がありません。事前に小さな荷物を運ぶのなら配慮が必要です。

 

引越し日を業者のお任せにしよう

暇な日を狙う方法を前述しましたが、昨今では引越し料金を安くするためにあえて暇な日を狙う人もいるために、日程を自分で決めると必ずしも期待した効果を得られない場合があります。

 

引越し業者の暇な日は日々変動しているために、日程に幅を持たせて、引越し業者にお任せすることでより安い引越し料金を提示してくれる場合があります。

 

実際、アート引越センターではキャンペーンの中で日程お任せにすることで引越し料金を半額にすることを明言しています。
参考:アート引越センターの引越待ち割キャンペーン

 

日程をお任せにするのは難しい人も多いでしょうが、札幌市周辺での引越し費用を最安にしたいなら近道と言えるかもしれません。

 

作業の開始時間を変更しよう

引越し料金は同じ日であっても作業の開始時間によって変わります。朝一から作業を始める午前便は人気が高く、その分だけ引越し料金も高いです。

 

少しでも引越し料金を安くしたいなら午後便がおすすめです。

 

また、荷物量が少ない単身引越しは一日に2件以上の現場がこなせるためにさらに細かな工程が組まれます。この場合はフリー便を選ぶと安くなります。

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

更新履歴
page top